練習スタジオがおすすめするCD紹介①

第1回です。

J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻

演奏:ピエール=ロラン エマール(ピアノ)

曲集タイトルの「平均律」は現代で使用されている調律法である平均律ではなく、
「程よく調律された」という意味で使われています。
そのうち、ピアノブログで平均律については詳しく書きたいと思います。
演奏のエマールはフランス人で長らく現代音楽のアンサンブルのピアニストとしての活動が長く有名でしたが、
ソロ活動が多くなってからはバロックから現代音楽まで様々なレパートリーで活躍しています。
この人の演奏を聴くといつも思うのは「何もやっていないようで全部やっている」という印象です。
聴いていただけると納得してもらえると思います。
私は聴けませんでしたが来日公演でもこの曲集を取り上げ素晴らしかったそうです。
是非!
ココロ化粧品トップへ